過度な飲酒や喫煙がなぜ勃起不全につながるか?

男性は40代になってから更年期症状を経験することが多い。

喫煙とED

実際、タイでも40代の男性の10人に1人が更年期症状を経験すると言われています。

性欲の減少が代表的な症状の一つであるが、これは勃起不全につながりやすい。勃起不全は、陰茎の中の血流が増加し、ペニス全体が硬くなって膨らむ「勃起」が正常に行われないことを言います。

しかし、更年期に該当するから勃起不全でも仕方ないと諦めるより、禁煙と禁酒を実践してみるのが第一。なぜなら過度な飲酒や喫煙が勃起不全を誘発する主な原因とされているからです。

深刻な外部ストレスに加え、飲酒や喫煙が勃起不全の主な原因としてクリニックでも指摘されています。

過度な飲酒で陰茎を膨張させる神経伝達物質が正常に分泌されず、結果として勃起不全が起こることがあります。

さらに脳の機能に影響を与えることも問題であり、興奮反応に異常が生じることで勃起しないケースもあると言われています。特にこれは年齢が高い男性ほど、より明確に表示される症状でもあるのです。

一方、喫煙も陰茎の血管を収縮させ、動脈硬化を引き起こして勃起不全を誘発する。さらには精子の質を落とし、陰茎内の海綿体組織を破壊する危険性もあるのです。

ED対策には酒・タバコの量をコントロールすることが肝要なのです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。