勃起不全 治療薬だけに依存せず、生活習慣の改善を

勃起不全の治療薬だけで自然に症状が改善できる?

勃起不全

市販されている経口用の勃起不全治療薬は、陰茎の血管を拡張させて血液の循環を円滑にして勃起を誘発します。

代表的な勃起不全治療薬バイアグラは血管、血圧、血流調節機能が低下することで起こる狭心症(心臓血管が狭くなること)の治療薬開発中に生じた薬剤です。

すでに血管の機能が壊れてしまった人は、勃起不全治療薬を服用しても症状が緩和されないことがあります。

薬で症状が改善されない場合、血管を再生させる治療を受けたり、陰茎インプラント手術を受けるという選択肢も現在ならあります。

では、薬で改善できる場合なら生涯ずっと服用する必要があるのでしょうか。

それには個人差はありますが、通常、勃起不全薬の服用期間は6ヶ月と言われています。

禁煙、禁酒、規則的な運動、ストレスコントロール、不安の減少などの生活の中で勃起不全をもたらす習慣を減らす努力をして、一定の治療期間の後に、治療薬の服用がなくても満足な性生活を営むことができるように目指していく必要があります。

決して治療薬のみに依存してはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。