陰茎インプラント手術とは

陰茎インプラントは勃起を得るために人工物を陰茎に挿入する手術です。

考える男性

薬で治療が見込めない勃起不全患者にとっては最も確実な勃起不全治療法である。

勃起不全の患者は約200万人と報告されているが、疾患を隠している患者まで考慮すれば、その数はさらに多いと推定される。

勃起不全の原因は喫煙、飲酒、糖尿病、高血圧などで65歳以上の場合、半分が患うと言われています。

しかし、全国65歳以上の3人のうち2人が性生活をしているというデータもあります。

中高年層も円滑な性生活のために勃起不全のため積極的な治療が必要な時代です。

最も知られている勃起不全治療法は、血管を拡張させて勃起を助ける勃起不全の治療剤であるが、治療薬として症状の改善効果がない場合手術的治療法を検討すべきかもしれません。

しかしタイのヤンヒー総合病院でも現在手術が見合わされています。それだけデリケートな手術なのです。

陰茎インプラントの仕組み

勃起不全を解決する手術は、陰茎インプラント挿入術が代表的です。

陰茎インプラントは、陰茎を勃起させる「シリンダー」に生理食塩水を入れるための「貯蔵庫」、貯蔵庫を作動させる「制御ポンプ」で構成されている。

陰茎インプラント挿入術は、陰茎にはシリンダを、腹には貯蔵庫を、陰嚢に調節ポンプをそれぞれ入れる必要があります。かなり大掛かりな手術です。

手術後、陰嚢の調節ポンプを手で押すと、貯蔵庫の生理食塩水が陰茎のシリンダーがいっぱいに勃起します。

調節ポンプのみを作動させるといつでも勃起状態を作ることができ、陰茎の感覚や機能にも問題がない患者の満足度は90%以上と言われることも。

特に自然勃起と類似しており、外部に露出しても、手術しているかどうかわかりにくい点が長所ではある。

手術後に安定した後なら登山やテニスなど、普段楽しむ運動も可能であり、6週間後には陰茎インプラントの使用が可能である。

とはいえ、ハードルはかなり高いのでまずはサプリや勃起不全治療薬を試されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。